3D格闘カードゲーム誠意製作中?

運ゲー?

現在作っているカード格闘ゲームだが @asobitagari から「10000万回対戦したら 5000勝5000負付近で落ち着きますよ」と言われた。確かにそうかもしれない。つまり運ゲーという事だ。

三竦みのバランスを変えることで単なるじゃんけんを回避したつもりだったが、結局ただのじゃんけんかもしれない。攻撃力にも差をつけているため、選ばれやすい手のバランスをつくり、ここでもじゃんけんを回避したつもりでもいた。

これはゲームの瑕疵かもしれないが、もしかしたら@asobitagari との読みレベルが近いために起こっているのかもしれないとも思う。読み合いのレベルが五分の相手に、勝率が五割に落ち着くのは理屈にかなう。この問題を解決するであろう解法の一つに、運の要素を加えるというのがある。例えば、手札をランダムにするなどだ。もう一つに非線形の代入というのがある、言ってしまえば別キャラの導入だ。

この二つの選択肢の中では、別キャラの導入のほうが魅力を放っている。そもそも手札をランダムにしたくないというのは当初のコンセプトだったし、ちょっとランダム化をテストしたら全く面白くなかった。ただ手札で手に入れたカードを切ることの繰り返しになるだけだった。この延長で楽しめるシステムを作るには、今作っているものからは遠く感じた(別ゲームとしては作りたい)。

では別キャラ導入ならば・・・。そもそも格闘ゲームも同キャラ対戦を嫌がるユーザもおおいし、デッキを選ぶ楽しみがある。こいつはどのキャラ使ってくるんだ・・・。げ投げキャラか・・・、投げキャラとやるのは医者から止められて(ry という楽しみも増えそうだ。

ただし、この解法の最大の欠点は・・・・・製作コストの増加。これに尽きる。そして、これに対する明確な解法を私たちはまだ持ち合わせていない。

カテゴリー: ゲーム, サークル活動, ベータ, ベータ, 開発, 非電源ゲーム, 非電源ゲーム タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です