資産移動ゲーム 20140608 昼版

リストラ

自分たちの手作りで販売しようと思っていたが、手間とコストから考えると印刷会社に任せてしまっても大差ないとの結論に達した。とはいえ、印刷枚数・部数の兼ね合いを考えて、18枚x2(勝利カード18枚・効果カード18枚)の構成まで落とし込む必要があった。

双方の山札から半数以上、間引かないといけない為、ラウンド数の見直しも行った。

それは以下のような結果になった。

改訂目的

  • カード枚数を抑え、作成コストを抑える。

概要

  • 2人用のカードゲーム。
  • 勝利点を競い合う。
  • 互いの手番を一回づつ消化することを一ラウンドとし、最大四ラウンドで終了する。
  • 倉庫に30勝利点を確保した場合、即座に勝利が確定する。
  • 先攻が30勝利点を確保した場合、後攻を手番を行うことなく勝利が確定する。

コンポーネント

  • 勝利点カード
  • 効果カード
  • ラウンドカウンター(サイコロでも問題ない)

始め方

  • 親番を公平に決める。
  • 勝利点山札と効果山札を各々シャッフルし、場に背を上にして配置する。
  • 参加人数と同じ枚数の勝利点カードを場に公開する。
    • この時、効果カードを手札に加えるカードの場合は、その効果を発揮することなく山札の一番下に戻す。
    • 効果カードが一枚でも出た場合はゲームの開始前にもう一度、勝利点山札をシャッフルする。
  • 効果山札から互いに三枚づつ引き手札に加える。
  • ラウンドカウンターを1にセットする

ゲームの進め方

  • ラウンドの開始時に効果カードを手札に加える。
  • 場に表になっている勝利点カードが3枚未満の場合は、勝利点山札の一番上のカードを表にする。
    • 手札追加カードの場合。
      1. 書かれている枚数を手札に加える。
      2. 勝利点山札の一番上のカードを表にする。
    • 勝利点カードの場合。
      1. 場に配置する。
    • 場に配置された勝利点カードの枚数が三枚未満なら、繰り返し勝利点山札の一番上のカードを表にする。
  • 手番で行えること
    • 場におかれている勝利点カードを手元に加えるかを選択することができる。
    • 作物カードを手元に加えた際、勝利点の合計が10丁度になる組み合わせがある場合、倉庫に移動することが出来る。。
    • 使用できる効果カードがある場合、使用することができる。
    • 効果カードは何枚でも使用することができる。効果はその都度発生する。
    • 手番の終了を宣言し、相手の手番となる。
  • 後手の手番が終了したらカウンターを一つ加算する。
    • この時五以上になった場合はそれで終了とし、勝利点の多い方を勝者とする。

勝利判定

  • 手元の勝利点の合計値の半分と、倉庫の勝利点の合計を足した値の多い者を勝者とする。

そのほかのルール

  • 効果カードは場に一枚のみ伏せることが出来、手札の枚数からも除外される。
  • 手札が五枚を超えた場合は、手札が三枚になるように捨て場に手札を破棄する。このルールは手札の加算処理が行われた際に必ず発揮し、いかなる効果も割り込むことが出来ない。

勝利点カード 18枚

  • 作物カード 14枚
    • 凶作カード 3枚
      • 二勝利点を得る
    • 収穫カード 6枚
      • 三勝利点を得る
    • 豊作カード 4枚
      • 四勝利点を得る
    • 大豊作カード 1枚
      • 八勝利点を得る
  • 金カード 3枚
    • 金カード 2枚
      • 十勝利点を得る
    • 金塊カード 1枚
      • 十五勝利点を得る
  • 手札追加カード 1枚
    • 1枚追加カード 1枚

効果カード 18枚

  • 農夫カード 5枚
    • 手番時に使用することで場にある作物カードを一枚、手元に加えることが出来る。
    • 水害カードを使用されたときに、手元から使用することで水害の効果を無効化できる。
  • 守衛カード 3枚
    • 手番時に使用することで、手元にある金系のカードを倉庫に送ることができる。
    • 強奪カードを使用されたときに、手札から使用することで強奪の効果を無効化できる。
  • 強奪カード 5枚
    • 相手の手番時にいつでも利用することができ、その際に効果を発揮することが出来る。
      • 相手が守衛を使い金を倉に移動しようとしたタイミングで表に返した場合、相手は守衛カードを失い、金も奪われる。
      • 奪われる側は、さらに守衛カードを一枚使用することで、強奪の効果を無効化できる。
  • 水害カード 3枚
    • 相手の手番時にいつでも使用でき、場の作物系カードを全て破棄させることが出来る。
  • 門カード 1枚
    • 自分の手番時にこのカードを裏側に伏せることが出来る。
    • 相手の手番時にいつでも表に返すことができ、その際に効果を発揮することが出来る。
      • このカードを使われた相手は、そのラウンド中に効果カードを利用することができない。(効果カードを伏せることもできない)
  • 商人カード 1枚
    • 勝利点の山札から記載の一枚、場に表にすることができる。
    • 表にしたカードが追加点カードの場合は、その枚数分手札を引く。この時、追加で勝利点カードを場に移すことが出来る。
    • 一枚、場から手元にカードを移すことができる。追加点カードの場合でもこの権利は発生する。

守衛と強奪

  • 自分の手番時に相手に強奪を使われた場合、手札から守衛を使うことで強奪されることを防ぎかつ金を倉に移動することが出来る。相手がさらに強奪カードを使った場合は金が奪われてしまう。しかし、手元からさらに守衛を使うことで、強奪を防ぎかつ金を倉に移動することが出来る。
  • 自分の手番時に守衛を使った場合、相手は手札から強奪を使うことで、金が倉に移動されることを防ぎかつ金を奪うことが出来る。そこをさらに守衛を使うことで・・・以下略。
カテゴリー: ゲーム, サークル活動, ベータ, ベータ, 開発, 非電源ゲーム, 非電源ゲーム タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です