資産移動ゲーム 20140606 昼

結局ない。解答案その一(二があるかは分からない)

結局、思考性もとい戦略性が存在しない。その回答の一つとして、場に表にする勝利点カードを一枚から三枚に変更した。その中から、自分の欲しいカードを選択できるのだ。こうした変更を加え、ルールは以下のようになった。(カード枚数の変更なし)

概要

  • 2人用のカードゲーム。
  • 勝利点を競い合う。
  • 互いの手番を一回づつ消化することを一ラウンドとし、最大六ラウンドで終了する。
  • 倉庫に30勝利点を確保した場合、即座に勝利が確定する。
  • 先攻が30勝利点を確保した場合、後攻を手番を行うことなく勝利が確定する。

コンポーネント

  • 勝利点カード
  • 効果カード
  • ラウンドカウンター(サイコロでも問題ない)

始め方

  • 親番を公平に決める。
  • 勝利点山札と効果山札を各々シャッフルし、場に背を上にして配置する。
  • 効果山札から互いに三枚づつ引き手札に加える。
  • ラウンドカウンターを1にセットする

ゲームの進め方

  • ラウンドの開始時に効果カードを手札に加える(ラウンド1の初手は引くことが出来ない)。
  • 勝利点山札の一番上のカードを表にする。
    • 手札追加カードの場合。
      1. 書かれている枚数を手札に加える。
      2. 勝利点山札の一番上のカードを表にする。
    • 勝利点カードの場合。
      1. 場に配置する。
    • 場に配置された勝利点カードの枚数が三枚未満なら、繰り返し勝利点山札の一番上のカードを表にする。
  • 手番で行えること
    • 場におかれている勝利点カードを手元に加えるかを選択することができる。
    • 使用できる効果カードがある場合、使用することができる。
    • 効果カードは何枚でも使用することができる。効果はその都度発生する。
    • 手番の終了を宣言し、相手の手番となる。
  • 手番の終了時に手元にある作物カードの勝利点の合計が10を超える場合、倉庫に移動される。
  • 後手の手番が終了したらカウンターを1つ加算する。
    • この時7以上になった場合はそれで終了とし、勝利点の多い方を勝者とする。

そのほかのルール

  • 効果カードは場に一枚のみ伏せることが出来、手札の枚数からも除外される。
  • 手札が5枚を超えた場合は、手札が三枚になるように捨て場に手札を破棄する。このルールは手札の加算処理が行われた際に必ず発揮し、いかなる効果も割り込むことが出来ない。

勝利点カード

  • 作物カード 10枚
    • 凶作カード 2枚
      • 二勝利点を得る
    • 収穫カード 4枚
      • 三勝利点を得る
    • 豊作カード 3枚
      • 四勝利点を得る
    • 大豊作カード 1枚
      • 八勝利点を得る
  • 金カード 4枚
    • 金カード 3枚
      • 十勝利点を得る
    • 金塊カード 1枚
      • 十五勝利点を得る
  • 手札追加カード 5枚
    • 1枚追加カード 4枚
    • 2枚追加カード 1枚

効果カード

  • 農夫カード
    • 相手の手番時に水害カードを使われたとき、このカードを破棄することで効果を無効化できる。
  • 守衛カード
    • 手番時に使用することで、手元にある金系のカードを倉庫に送ることができる。
    • 強奪カードを使用されたときに、手札から使用することで強奪の効果を無効化できる。
  • 強奪カード
    • 自分の手番時にこのカードを裏側に伏せ、相手の手番時に表にすることで相手の手元にある金系のカードを一枚奪うことができる。伏せたカードは相手の手番であれば、表に返すタイミングは伏せた次のターンでなくてもかまわない。
    • 相手の手番時に、相手が守衛を使い手元の金系のカードを自分の倉に移動するとき、手札からこのカードを破棄することで倉への移動を妨害できる。
  • 水害カード
    • 相手の手元から作物系カードをカードに記載の枚数を捨て場に破棄させることができる。破棄させるカードは利用者の任意で選ぶことができる。
    • 受ける側は、農夫カードを作物の破棄枚数分消費することで防ぐことができる。
      • 二枚以上の作物が対象になった時、一枚の農夫を利用した場合は任意の作物を一枚防ぐことができる。
  • 門カード
    • このカードは伏せてから相手の手番にのみ表にすることで効果を発揮することができる。
    • このカードを使われた相手は、そのラウンド中に効果カードを利用することができない。(効果カードを伏せることもできない)
  • 商人カード
    • 勝利点の山札から記載の枚数分、場に移すことができる。
    • 場に移したカードが追加点カードの場合は、その枚数分手札を引く。この時、追加で勝利点カードを場に移すことはしない。
    • 記載の枚数分、場から手元にカードを移すことができる。
  • キャラバン
    • 使用する際に手札にある他の効果カードを破棄することで、相手の手元にある勝利点カードを破棄枚数分自分の手元に移動することが出来る。
カテゴリー: ゲーム, サークル活動, ベータ, ベータ, 開発, 非電源ゲーム, 非電源ゲーム タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です