勝利点を競い合うトランプゲーム

概要

  • 2人用のトランプゲーム。黒山札(スペードとクラブ)の値を勝利点として競い合う。

コンポーネント

  • トランプ
  • ラウンドカウンター(サイコロでも問題ない)

始め方

  • 親番をランダムに決める。
  • スペードとクラブを合わせてシャッフルし、場に背を上にして配置する(黒山札)。
  • ハート、ダイアを合わせてシャッフルし、場に背を上にして配置する(赤山札)。
  • 赤山札から互いに三枚づつ引き手札に加える。
  • ラウンドカウンターを1にセットする

ゲームの進め方

  • ラウンドの開始時に赤山札から1枚手札に加える(ラウンド1の初手は引くことが出来ない)
  • 自分の手番時に黒山札の一番上のカードを表にする。
    • 表になったカードが6以下の場合。
      1. 手番は、赤山札から2枚引く。
      2. 黒山札の一番上のカードを表にする。
    • 表になったカードが7以上の場合。
      1. 赤山札から一枚取得をするか、黒山札の一番上のカードを手元の待機エリアに引いてくるかを選択する。
      2. 手札に使用できるカードがある場合、使用するかを選択することができる。
      3. 手札は何枚でも使用することができる。効果はその都度発生する。
      4. 手番の終了を宣言し、相手の手番となる。
  • 赤山札の6以下のカードは、そのクラスの偶奇と同じ相手の待機エリアにある勝利点カードを一枚指定し奪う(強奪)ことが出来る。
    • 強奪を受ける側は、出されたカードの偶奇と同じ赤山札の6以下のカードを使用することで防ぐことが出来る。
    • つまり6以下のカードは、強奪にも防御にも使える。
  • 赤山札の7以上のカードは、そのクラスの偶奇と同じ自分の待機エリアにある勝利点カードを勝利点確定エリアに移動することが出来る。
    • 移動の際に相手側は、出されたカードの偶奇と同じ赤山札の7以上のカードを使用することで妨害することが出来る。
    • つまり7以上のカードは、移動にも妨害にも使える。
    • 移動は、待機エリアにある偶奇の一致する勝利点カードをすべてが対象となる
  • 後手の手番が終了したらカウンターを1つ加算する。
    • この時黒山札に表カードがある場合は破棄する。
    • この時、7以上になった場合はそれで終了とし、勝利点の多い方を勝者とする。
  • 手札が5枚を超える場合は、手札が三枚になるまで相手に選択してもらい(絵柄は見せない)、捨て札とする。一枚づつ選択しても、まとめて三枚選択してもよい。この選択権は、選択する側(相手側)が自由に選べる。このルールは手札の加算処理が行われた際に必ず発揮する。

赤山札の効果

  • クラス1~6は、相手の待機エリアにあるカードを1枚略奪することができる。この時、使用するカードが偶数の場合は、相手の待機エリアにあるカードも偶数のカードしか選択することが出来ない。奇数の場合は、奇数のカードを選択することが出来る。
  • 略奪を受ける側は、手札に相手が使用したカードの偶奇が一致する赤山札のクラス1~6があった場合、そのカードを使用することで、略奪を防ぐとこができる。
  • クラス7~13は、自分の待機エリアにある勝利点カードを勝利点確定エリアに移動することが出来る。この時、使用するカードが偶数の場合は、自分の待機エリアにある偶数の勝利点カードを移動することが出来る。奇数の場合は奇数のカードを移動することが出来る。
  • 移動の際に相手側は、手札に相手が使用したカードの偶奇が一致する赤山札のクラス7~13があった場合、そのカードを使用することで、移動を妨害できる。
カテゴリー: ゲーム, プロトタイプ, プロトタイプ, 開発, 非電源ゲーム, 非電源ゲーム タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です