ゲームマーケット2014秋に向けて

所信表明的なもの

ゲームマーケット2014春に行って少し感じるところがあった。また、このゲームマーケットの公式サイトからも感じるところがあった。各々のサークルのブログが公式サイトの機能として収まっているので、サークルの情報が得やすい(今どきのイベント系公式サイトは軒並みこのレベルなのかもしれないが)。

ブログの新着情報を流し見しているときに気になるサイトがあったからついつい足を運んでしまったわけだ。

当日は完全に出遅れ、着いたのは14時ちょっと前。目星をつけていたところは軒並み完売であった。それでもまだ人は多く、多くの試遊台ではプレーがされており、欲しかったゲームの様子を覗き見ることが出来た。また、子どもゲームコーナーも多くの子供とその保護者で溢れいた。年配の方もいた。外国籍であろう方も大勢いた。

何とも言えない思いがこみ上げてきた。

この日の感想を10年近く年下の後輩に話すと「じゃあ僕らもゲーム作って売りましょう」と、簡単に言ってのけた。だが、それが自分が感じた思いの答えなんじゃないかとも思えた。

自分の思いに片を付けるためにゲームを作り、それを持ってゲームマーケットに参加することをここに表明する。

カテゴリー: サークル活動, 非電源ゲーム, 非電源ゲーム タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です