初めてのリモートリポジトリ "WebMatrix x Git"

過去このシリーズ内で、リポジトリにはローカルリポジトリとリモートリポジトリがあることを説明しました。今まで使用してきたのはローカルリポジトリですが、今回はリモートリポジトリを利用してみましょう。

ここでは無料で利用できる Git リポジトリサービス「codebreak;」を利用したいと思います。よろしとければ下記のリンクから新規登録をしてください。私が大変助かります。

コードブレイク

コードブレイクは複数のサービスから成り立っていて、そのサービスの一つに「gitBREAK」があり、このサービスが Git のリポジトリサービスを提供しています。

リモートリポジトリの作成

会員登録が完了しましたら、Git リポジトリを作成してください。こだわりがなければリポジトリ名以外は初期値のままでいいと思います。作ったリポジトリを選択すると下図のように表示されると思います。今回、私はリポジトリ属性をパプリックで作成しましたので、すべてデフォルトで作成した方とは、リポジトリ属性のアイコンが違うと思いますが、作業には影響しませんので、そのまま続けてください。

clip_image001

この画面に表示されている URL がリモートリポジトリのアドレスになります。

それでは、WebMatrix に戻って、リモートリポジトリの設定を行いましょう。

WebMatrix での設定方法

リボンUIのソースコントロールを選択し、リモートを押してください。名前を分かりやすいようにつけ、URLに先ほどのリポジトリのアドレスを入力し、追加ボタンを押してください。下のリストに追加されたらOKボタンを押してください。

その後、メニューよりプッシュを選択し、先ほど追加したリポジトリ名を選択してください。プッシュが終わりましたら、コードブレイクのサイトを確認すると、Git で管理されていた内容(ファイルだけでなく更新履歴なども)が、アップロードされたことが分かると思います。

カテゴリー: Git, WebMatrix タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です