初めてのコミット "WebMatrix x Git"

状態の確認

今回は初めてのコミットに挑戦します。その前に、現在の状態を確認しましょう。リボン UI から、ソースコントロールを選択し、状態ボタンを押します。

clip_image001

サイトの構成次第では、他のファイル・ディレクトリが存在する方もいらっしゃると思いますが、PHP で空サイトを選択した時のファイル構成は、図1のようになっています。

今回、一覧で表示されている変更という列の部分が追跡対象外となっています。これは、現在このファイルはリポジトリの管理下になっていないという意味です。これから管理対象外にするという意味ではないので気をつけてください。

index.php の内容ですが、作成時のままでは些か寂しすぎるきらいがあるので、以下に編集しました。

<!DOCTYPE html>
<html lang=\"ja\">
<head>
    <meta charset=\"utf-8\">
    <title>Git入門</title>
</head>

<body>
    <article>
        <h1>Git 入門</h1>
        <p>Git の入門サイト</p>
    </article>
</body>
</html>

初めてのコミット

それではリボン UI のソースコントロールからコミットボタンを押してください。ダイアログウィンドウが表示されます。一覧の内容は、状態ボタンを押した時と同内容です。ただ、変更内容を書くテキストエリアが一覧の下に表示され、ここに内容を書かないとコミットができないようになっています。

変更内容を記入したら OK ボタンを押しコミットします。

clip_image002

これでリポジトリに対してコミットをすることができました。

コミット

コミットについて説明します。前回、リポジトリについて変更内容を記録しておく場所と説明しました。しかし、 Git というバージョン管理は逐一リアルタイムに変更内容を記録しているわけではありません。リポジトリに対して変更内容を記録する行為、それがコミットです。

カテゴリー: Git, WebMatrix タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です